『完璧お嬢様の私が土下座でマゾ堕ちするちょろインなワケないですわ! 美少女M令嬢・イリナ〜ちょろイン土下座しゃぶり◆~ 』

<STORY>
絶大な権力を持つ白銀コンツェルン。
その息女であり、跡取りであるイリナ。
後継者たる立場として、何事においても完璧を追求してきた彼女は、誰しもが憧れる絶対的な存在である会長として学園に君臨していた。
そのイリナにとって、唯一懸念しているのが、後輩である佐渡有二の視線であった。
誰もが、憧れ、敬愛、尊敬、畏敬の視線を向けてくる中において、有二の視線だけはそのどれとも違い、蔑み、貶すという今まで向けられたことのない侮蔑を、赤裸々に浴びせてくのである。それは、イリナにとって唯一の汚点とも言うべき姿を見られてしまったが故であったのだが、その度にプライドを傷つけられるイリナは、何としてもその視線を変えてやるべく………ぴっちりとしたエナメルボンテージを身に纏い、その股間で無様に果てさせる特訓をしていくのであった……

果たして、その視線と向きあう決心をしたイリナが、呼び出した有二と面と向かった瞬間っ……
っ……こ、この私を、その視線だけで身体の自由を奪い、腕を掴むだけで抵抗の意思すら奪うなんて……
気付いた時には、イリナの身体は有二の足下にひれ伏し、その股間に顔を押し付けていたのであった……。

動画が再生されない場合はこちら

<STORY>
絶大な権力を持つ白銀コンツェルン。
その息女であり、跡取りであるイリナ。
後継者たる立場として、何事においても完璧を追求してきた彼女は、誰しもが憧れる絶対的な存在である会長として学園に君臨していた。
そのイリナにとって、唯一懸念しているのが、後輩である佐渡有二の視線であった。
誰もが、憧れ、敬愛、尊敬、畏敬の視線を向けてくる中において、有二の視線だけはそのどれとも違い、蔑み、貶すという今まで向けられたことのない侮蔑を、赤裸々に浴びせてくのである。それは、イリナにとって唯一の汚点とも言うべき姿を見られてしまったが故であったのだが、その度にプライドを傷つけられるイリナは、何としてもその視線を変えてやるべく………ぴっちりとしたエナメルボンテージを身に纏い、その股間で無様に果てさせる特訓をしていくのであった……

果たして、その視線と向きあう決心をしたイリナが、呼び出した有二と面と向かった瞬間っ……
っ……こ、この私を、その視線だけで身体の自由を奪い、腕を掴むだけで抵抗の意思すら奪うなんて……
気付いた時には、イリナの身体は有二の足下にひれ伏し、その股間に顔を押し付けていたのであった……。

<STORY>
絶大な権力を持つ白銀コンツェルン。
その息女であり、跡取りであるイリナ。
後継者たる立場として、何事においても完璧を追求してきた彼女は、誰しもが憧れる絶対的な存在である会長として学園に君臨していた。
その一方で、自らが服従する相手として認めた佐渡有二へ余念のない雌豚マゾ奉仕の執行中でもあった…
全校集会の壇上で、自ら聖エウローラ学園の生徒として規律を重んじる言葉を紡ぎながら、そのスカートの下の秘唇の中では卑猥に鳴動する極太バイブを埋めているのであった……
必死に耐えながら演説のイリナは、何とか全てをこなすものの、壇上からの離れ際に、耐えきれず盛大な叫びを漏らしてしまうのは隠れた愛嬌であった……

そんなイリナには、当然お仕置き奉仕が待っているのであり、生徒会室で、開け放たれた窓辺にヒジを着きにこやかに上品に外を眺めながら、隠された下半身では、ご主人様である有二の腰の上に跨がり、深々と肉棒を埋め突き上げられているのであった
「まぁ、イリナ様が、珍しく外を眺めていらっしゃるのですね」
巡回中だという風紀委員長が、窓辺に見えるイリナに声を掛けてくる。バレそうな程近づく彼女に必死に堪えながらにこやかに接するイリナの肢体は、新たな潤いで火照り溢れていくのであった……。

人妻
おすすめの記事