【エロアニメ】おとなしい爆乳童顔JK娘を強姦レ〇プ!抵抗するも無許可大量膣内射精する変態親父!!!

鬼父2 下巻 「巨乳と天然の卑しと嫉み」

動画が再生されない場合はこちら


「可愛くてジュ~シィ」が贈る四人姉妹の戯れ!豊潤な肉体を持つ娘を我が物顔で辱めし尽くす鬼畜な父親に、白濁まみれで抵抗する姉妹たち。エロ可愛さ抜群の少女たちが魅せる辿々しい行為、報われない恥ずかしさはジュ~シィに蕩けていく!可愛くてジュ~シィな少女たちが見せつけるはしたなさが貴方の股間を搾りますっ!


人妻
鬼父

「真理奈」と「愛莉」二人の愛娘をどうにかしたい養父・秋月孝三は、娘達の部屋を物色、使用済みの下着を拝借、するだけでは飽き足らず、自身の研究している薬品「催淫誘発スプレー」の被験者という言い訳を使い、肢体に迫っていく…いつものように悪態をつき蔑んでくる「愛莉」。犬と呼ばれようとも、徐々になじもうと努力する孝三とは正反対に懐く素振りは全くなかった…。


秋月家長女「真理奈」は巨乳で清楚な優等生
最近は彼氏もできて幸せ満帆である。そんな愛娘に全く面白くない父・孝三。他の男に自分の娘がとられるくらいなら自分が…。友達と勉強と称して彼氏の家に泊まりに行こうとする真理奈を強引に引き止めた。いつもの清楚で従順な娘とは違う、驚きと憎しみで見つめる真理奈。その可愛い口からは「い、いつものお父さんと違います…そんなお父さん、キライです」娘の言葉にショックの孝三は、真理奈を跪かせると猛り立った肉棒をその頬に押し付け、泣き歪む真理奈に覆いかぶさるのであった…。


「coquttishdoll・PoRO」作品!!「可愛くてジュ~シィ」が贈る袴っ娘生意気少女・棗!稚拙なカラダを抱え上げられ弄られていく生意気小バカ娘が今回のターゲット!鬼父から連なるエロ可愛いヒロイン像はそのままに今回は4人娘を近親姦淫!一番のチビッコ生意気小バカ娘の棗が可愛くてジュ~シィに溺れていく…袴っ娘の着乱れ白濁まみれのはしたなさに、貴方の意志すら無視される脊髄反射の白濁連射!


「可愛くてジュ~シィ」が贈る四人姉妹の戯れ!豊潤な肉体を持つ娘を我が物顔で辱めし尽くす鬼畜な父親に、白濁まみれで抵抗する姉妹たち。エロ可愛さ抜群の少女たちが魅せる辿々しい行為、報われない恥ずかしさはジュ~シィに蕩けていく!可愛くてジュ~シィな少女たちが見せつけるはしたなさが貴方の股間を搾りますっ!


その時、おバカ袴ッ娘の棗は、スパッツをずり下ろしシャツをまくり上げ弱々しく哀しげな表情でトイレの中に佇んでいました……「まったく、いつまでお前の下の世話をしなきゃならんのだ……」ぶつくさと文句を言いながらむき出しのつるっつるの股間に顔を埋めているのは鬼畜パパ「う、うっさいわ、腰が抜けたんだっての……」文句を言うもお漏らしッ娘の後ろめたさからいつもの強気は感じられない棗でした……おかっぱ巨乳の晶ちゃんはそんなことは露知らず、そわそわと鬼畜パパが戻るのを待っておりました。そこに舞い戻った鬼畜パパからの言葉に驚愕の晶ちゃん「うそ……写真まで撮られたの……」びっくり仰天な晶ちゃんに追い討ちをかけるようにパパからの更なる言葉「メールの指示に従わなければ写真をばらまくって……そんな、お父さんとの関係がッ……」悲壮な晶ちゃんを大浴場で突き上げるのは鬼畜パパ「えっちな指示ばかりされて……それを見られてるなんて……」晶ちゃんから漏れでる憂鬱な言葉。しかしパパからの突っ込みは厳しく「なんだ?晶?濡れてるのか?嫌々やっているはずなのに感じてるのか?露出狂なのか?」驚いた様子でズコズコ突き上げる鬼畜パパからの言葉に真っ赤になって否定する晶ちゃん「うそッ、わたし感じてなんかないよ、こんなの嫌だもん、感じるわけないでしょッ」必死の言葉に、納得の鬼畜パパ「そうだよな。俺の娘が露出狂の変態なわけないよな」安心したようなパパでしたが、更なる突っ込みが止むことはありませんでした「どうしてっ、違うって言ってるのにぃ、なんでぇ……」涙目の晶ちゃんは巨乳を揺らしながら必死に否定し続けるのでした……。


<STORY>「お父さん。こんなのへンだよ。もうやめよう。また昔みたいに……ね」トイレの中でズボンを降ろした遥お姉ちゃんは目の前に立つ鬼畜パパに訴えていました「そうか……わかった。ただ、おしっこはしなきゃならん」適当な相づちと強●で娘を追いつめる鬼畜パパは今日も性欲満々に勃起中です妹達に向けられる近親肉棒にこれ以上犠牲にさせられないと遥お姉ちゃんは長女としての責任として鬼畜パパの説得を試みていたのでしたが……「な、なに、アンタ達そんなにお父さんとしてるの?」自分の知らないとところで、海での合宿でハメまくりの妹達の言葉に驚愕の遥お姉ちゃん。それどころか「別にイヤがってるわけじゃないし……」鬼畜パパどころか妹達までもが変態洗脳されていっているのを感じる遥お姉ちゃんは、自らを犠牲にするべく「ダメよっ、ダメダメ。そんなのいけない。おかしいよ。お姉ちゃんが説得するから。アンタ達はしちゃダメだからね」めっと怒る遥お姉ちゃんの迫力に圧倒されてしまう妹達でした「ちょっとっ、やめてよっ。ここでバイトするの好きなんだから、変なことしないでっ」バイト先のファミレスで、トイレに追い込まれる遥お姉ちゃん。目の前に聳える鬼畜パパ棒に必死に抵抗しようとするのでしたが……。


もうぅぅ、コイツとは絶対やだぁ~って言ったのにぃ、お姉ちゃんたらぁ……。せっかく一緒に温泉旅行って思ったら急に遅れて行くなんて。一日遅れるからそれまでは変態オヤジと二人でって……。冗談じゃないってーの。愛莉はまだ許してないんだから……。お姉ちゃんは早く仲良くするように言ってたけど、ぜ~ったいヤだかんね。こんなクズどっかに行っちゃえ……。なんて、ダウナーな顔して電車窓から景色を見てたらいきなり飴玉だしてきたんだよね。ニヘラって愛想笑いして。しょーがないから食べてやったけど……。


「可愛くてジュ~シィ」な清楚なお姉ちゃんが危険ではしたないヌレ可愛にッ!清楚なおさな妻はアクロバティックにおしゃぶりハメて、温泉ふぁっくは金髪ツインと3P搾り出しッ!旅館で、湯船で、散歩道で貪られるいじらしい肢体はやがて危険で黒い恥じらいにッ、ぽわぽわぷりんなゆる可愛肢体が火照り歪み弾みまくるッ!更なる進化のエロ可愛が貴方の股間を鋭利に突刺ッ、coquettish dollたちの温泉旅情第二弾ッ!


羞じらい嫉む疑惑のスク水◆エロ可愛ツインテ扱き盛り!


<STORY>
もぅ、せーっかく冬山でスキーって喜んだのにぃ、コース外れて遭難ってなんだんだってーの
おまけにクズは洞窟で二人っきりなのをいいことに盛って襲ってくるしっ、またいつもとおんなじだってーの
スキーウェアなのに、無理やりずり下げてえっち迫るわ、手袋なのにそのまま扱けとかって、愛莉に命令すんなってーの
夏に訪ねた親戚ん家の近くにスキー場があるからって、なんかちっちゃい頃よく来てたとか………へー、クズにも小さい頃ってあったんだーなんてからかってたら、知り合いとかって言う女の人が現れて、あいつの昔のこといっぱい話してきて………フン、クズは昔からクズだってーのっ。
…………でもそのお姉さん、なんか不思議な感じだったなー……あいつより年上のはずなのに愛莉とおんなじ位にしか見えないし、その上あんな風になるなんて…………なんてーの、ちょーびっくり…………だったてーの、フン


なんか……愛莉、変なんだけどぉ
溺れずに済んだのはよかったんだけど、助けられたのが……だし、フン、散々愛莉のこと変態扱いしといて、何だってーのっ!
仕事柄助けるの当たり前だしさ……むしろ溺れそうになる前に注意しろってーの。いっつも見てんだし……肝心なときに役立たずって誰かとおんなじだってーの。フン
もう、むかむかして仕方ないーっ、紗奈が愛莉に隠れてパパんぽはむはむしても、ハメハメしてもいいけど、愛莉が変態娘とか、絶対納得いかないしっ!このむかむかどうすりゃいってーのよぉー
あぁ、もうぅ、ぱーっとバーベキューして、飲んで食べて憂さ晴らしよーっと。
あ、でもぉ、アイツは誘ってやらないけどねぇ。愛莉のことバカにすんの取り消したら許してやるけどー

夜の海岸って、なんか良いよね。バーベキュー終わって、紗奈に言われてパパんぽと散歩してたけど、周りのカップルに当てられちゃって、そんな雰囲気になって、パパんぽにご奉仕してあげて……けど気付いちゃった……こんなことしてたらダメだよね……変態娘だし、みんなにも悪いし……ね。


はふぅ……なんだってーのぉ、これぇ~~んふぅ
もぅほんと疲れたってーのぉ……紗奈を助けに行ったらいきなりあんなことになって……
かと思えば突然……ッ!ホントびっくりだってーのぉ……
終いにはパパんぽとのどーたらこーたらもうやむやになっちゃったし……その分あんなことになって、ぷぷ
アイツ痛かっただろうねー、愛莉のことバカにするからだってーのぉ~
あぁーせーっかく夏の海に紗奈パパんぽの計らいで豪勢に楽しめる~~って思ったのにー………ま、楽しんだけどさー
でーもちょっとねー紗奈懲らしめてやんないとねー、まぁ思い出にはなったッてーのっ、フン


<STORY>
最近愛莉が構ってくんなくて寂しい紗奈です……
可愛い愛莉を見たいーということで、連れてきました海水浴ッ!
人ごみ多いところはイやらだからパパさんに頼んで穴場を紹介してもらったわけです
水着姿の愛莉にはそりゃもぅ……ぐふふ。おっとと、ヤバヤバ。
よだれ垂れまくりな可愛さったら、ねぇお兄さんっ。いいもんですよー
そんな愛莉を更に可愛くする味付けノリみたいなおじ様も一緒なんですけど、案の定節操なしなおじ様に愛莉はイタズラされまくりです。日焼け止め塗られてトロトロにパパん棒入れられて、むっかむかしてるんですけど、時折見せるトロトロなお顔に紗奈の鼻血は出血多量です。のぼせちゃってバナナボートでほけーっとしてた紗奈ですけど、その側でまたまたえっちの始まる愛莉です
いい加減にしろてーのぉ、ないつもの文句といつものとろ顔でズンズン突かれるリズムに合わせてバナナボートもズンズン揺れて収まるはずの鼻血はそのまま紗奈のあそこもきゅんきゅん啼いちゃって……ぐへへ。とまぁ、可愛い愛莉が見放題なんですよ~
って、それで終わるかと思ったんですけどー、海って危険じゃないですかー、それを監視してるライフガードさん。まぁ、愛莉を目の敵にしているのか色々と注意してくるもんだから、愛莉もむっきーな感じで、愛莉って優等生なんで、普段は女の子ーな感じで対応してるんですけど、おじ様以外にあんな愛莉を見せるなんてびっくりーなところもあってー、新しい一面を見られたかなーって感じなんですー。それじゃぁ、愛莉の可愛いところを見られて少し晴れ晴れな紗奈でしたー。


おすすめの記事