【エロアニメ】ガックガク震えながら強引手マンにマン汁お漏らし!!!温泉の看板娘が変態おっさんにされるがままwwwww

真・秘湯めぐり 若女将の慇懃〜躊躇い捲る前身頃◆


動画が再生されない場合はこちら



半年ぶりに帰郷を果たした美紀男が真っ先に立ち寄った先は、伝統的な和風作りの温泉旅館「金峰桜」である。そこでは、幼なじみであり恋人でもある雪野ちとせが女将として旅館を切り盛りしていた。半年ぶりに見たちとせの姿。少女のようなあどけない容姿は変わらないが、和服の着こなしに慣れてきたのだろうか大人びた色気と美しさを醸し出していた。


あの夜から数日が経っていた。美紀男はいまだに聞けなかった、帰郷の夜に起きたことを…。健三の愛撫に身を任せペニスを膣奥に受け入れ、子宮内の射精を許してしまうちとせの姿が鮮明に脳裏に焼き付いている。目の前で無邪気にふるまうちとせの姿は、美紀男がよくしっているちーちゃんだっただけに疑問は膨らんでくるばかりだ。そんな美紀男の前に飛び込んでくる絶望的な光景。ちとせの部屋で制服姿のちとせにぴたりと寄り添う健三。ちとせはいやがるそぶりを見せるどころか健三の猛々しい一物を握り、手を前後に動かして擦り上げていく…。



美紀男に密かな想いを寄せている舞桜は、思い切って旅行に誘う。二人きりの旅行が実現し、気持ちが高ぶる舞桜。対する美紀男は電車の席に着くと早々に眠りこけてしまった。いきなり肩すかしを食らったが、これからの事で舞桜の胸は期待で膨らむのであった。だが、そんな想いは、不意に現れた男の前では性欲をかき立てるネタにしかならないのであった…。


応えるべきは恋心か快楽の衝動か。前シリーズのサブヒロイン公星舞桜にスポットライトを当てた、新シリーズ第2弾!!前作では、最も嫌いな男に唇を嬲られ、処女を奪われてしまった舞桜。傷心の彼女に間髪いれず迫る凌●者。心では拒絶しても、男に従順な身体は抵抗できずにお尻の初めてまで奪われてしまうところは必見です。好きでもない男にメロメロに蕩けさせられる姿は、白い涙なくしては語れません!!


椿伯母さんの経営する「旅亭・桂城荘」には連日怖い人たちが来てワーワー怒鳴りまくっている。そこに現れたのが彼だ。探偵なんだって……。お部屋を仕事場代わりに使っていて、椿さんとも顔見知りの雰囲気。JCの頃、母の男探しのために残されたわたしを、からかいながら相手してくれたお調子者。都会から古びた街に来て楽しみもなかったわたしの息抜きにはちょーどよかったけどね……いつもからかってくる、そんな彼に、私の気持ちは少しだけ……ほんのちょっぴりだよ。へへ……バカみたいだよね。


あの日から全てが変わってしまった……嫌がる私を、何度も何度も執拗に突きまくるあの人のオトコ……嫌いだし、哀しいし、彼に知られたらと思うと恐ろしくなる……でも、そんなことはお構いなしに、あの人はどこでも求め続けてくる。彼のことを思うたびに、あの人のオトコがかき消すように私の中を暴れ回る。いつしか私のカラダは、そんな荒々しささえも愛しく思い始めてしまっている……強引に刻みつけられたあの人の形が、私の形になり始めたとき、それを知った……恋い焦がれた自分をあざ笑うかのような現実……隠された醜悪な事実……同時に、私が私でいられるのは……あの人の腕に抱かれたときなのだと分かってしまった……。


<STORY>男たちの欲望の生贄となるヒロイン雪野ちとせ近所にある薫衣女学園に入学したばかりの女学生だが、母親が駆け落ちし、若くして温泉地と有名な「鈴峯温泉」の老舗「金峰楼」女将となる。東京から来た観光客に口説かれ、拒否するものの無理矢理抱かれてロストバージン。更に店の立ち退きを迫る男たちに拉致されてしまい……早熟な肢体は男たちの欲望を刺激して……無慈悲に犯●れまくる!


人妻
おすすめの記事
記事一覧