【エロアニメ】「気持ちよかったの~?」おっさんチンポの虜になるJKたちwww

JKとエロコンビニ店長 エロ可愛ママ姉・麻央〜痴撮に見惚れるJKフレンズ◆

動画が再生されない場合はこちら


エロ可愛真面目っ娘JK結衣ちゃんのママであり、エロ可愛蓮っ葉JK栞ちゃんの叔母さんである麻央さん。
JKの母とは思えぬ美貌と若さで、今日も元気に保険の勧誘です。ですが、最近気になることが………
溺愛する弟であるコンビニ雇われ店長の「芳裕」ことが気になって気になって寝ても覚めても安心することが出来ないのです。勢いあまって訪ねていったのが、先日でした。そこにはちょうど施錠をして帰ろうとする芳くんと娘である結衣と姪の栞がいました。引き止める麻央さんは厳しい顔です。といっても別にJKフレンズに何かというわけではなく、麻央さんの目はそれこそそんな二人は目にも入らず、弟である芳裕のことしか入っていませんでした。
一方そんな麻央さんの様子に勘違い中の、結衣と栞。それこそ栞はお世話になっている手前、おっさんとハメ仲担ってしまった現実にとてもとても胸を痛めていました……そんな切なげに落ち込む栞を見つめる結衣は…………大爆笑でした。「ぶははは、しーちゃん、何言ってんの、ゲラゲラゲラ」拗ねるしーちゃん……栞に結衣は言うのです「お母さん、やっちゃおうか」早速の策略を巡らす腹黒結衣ちゃん。おじさんの弱みを利用して麻央さんを罠に嵌めるのです。すっかり結衣ちゃんに手懐けられてしまった芳裕は言われるがママに……「姉さんがいけないんだっ、余計なことばかりするからっ」溺愛する弟からの衝撃の一言ッ「わ、わたし………そんなに迷惑だった……」悲しげに涙を湛える麻央さん。しかし、弟の手は、そんな麻央さんの大き過ぎる程のおっぱいをむんずと鷲掴むのでした「えっ……芳裕、何してるのっ、ダメ、ダメよ、ダメダメぇぇっ」事務室に響く麻央さんの叫び………「始まったよ、しーちゃん」呆れる栞とともにバックヤードに陣取る結衣は、事務室からの実況中継に見入っているのでした……。


人妻
JKとエロコンビニ店長

ムラっときたらこれでヌケ!今回は母娘丼!もちろんJKは処女!!アダルトゲームのHシーンが、再生ボタンを押すだけで楽しめる「即ヌキムービーシリーズ」に『JKとエロコンビニ店長~アルバイト娘の弱みを握ってヤリたい放題~』が登場!


ムラっときたらこれでヌケ!今回は母娘丼!もちろんJKは処女!!アダルトゲームのHシーンが、再生ボタンを押すだけで楽しめる「即ヌキムービーシリーズ」に『JKとエロコンビニ店長~アルバイト娘の弱みを握ってヤリたい放題~』が登場!


<STORY>小生意気JKの栞ちゃんは小生意気です真面目っ娘JKの結衣ちゃんは真面目そうです。二人は仲の良い従姉妹同士です。身寄りのいない栞ちゃんは結衣ちゃんのお家でお世話になり、ついでに、結衣ちゃんのお母さんの弟である伯父さんが雇われ店長をしているコンビニで結衣ちゃんともどもバイトしております。そんなバイト先で起こったショッキングな出来事に、栞ちゃんはむっかーな状態でありました「おっさんさぁ、何見てんだっつーの」荷捌きしながらちらちらと結衣ちゃんのスカートに視線をぶつける伯父・芳裕にずずいと生意気文句の栞ちゃん。自分に対してだけ生意気JKな栞ちゃんを懲らしめたいと思う芳裕の堪忍袋の緒が切れた瞬間でした。「はっ?あんたがくれたヤツでしょ、耄碌してんなっつの」生意気な見かけとは裏腹に世間知らずな栞ちゃんを騙すのは赤子を持ち上げるより簡単でした「警察行くかしゃぶるか決めろ」真面目に奨学金を目指して自立模索中の栞ちゃんには効果覿面。悔しげに跪き、生意気な口に、哮り狂った肉棒をぶち込む芳裕は生意気JK且つ姪っ子を嗜辱する快感に陶酔しておりました。


小生意気JKの栞ちゃんは小生意気でした……。しかし、伯父さんである芳裕にまんまと嵌められハメられた栞ちゃんは、結衣ちゃんに相談することも出来ず逃げ出すことも出来ずに今日もバイト中……「ったく、好き勝手やるとかっ、ふざけんなっつーのぉ」悔しげにバックヤードで品出しをしながら小気味よいリズムで打ち付けるおじさンポをその肢体で慰めておりました。しかし、勢い余った栞ちゃんは大きな物音を立ててしまい、一人レジ当番の結衣ちゃんはそんな物音に敏感に反応してバックヤードへと向かってくるのでした。「結衣にバレちゃうッ」恐怖に慄く栞ちゃん。颯爽とスカートを下ろし何事もなかったかのように振る舞う芳裕にいざというときには頼りになる人………などと思うことは微塵もありませんでした……。


真面目っ娘なJK・結衣ちゃん。今日も元気にコンビニバイトと思いきや、憂いな顔してトイレ掃除中です。その視線はレジ打ちのお友達・栞ちゃん。偶然にもカメラに写る栞ちゃんとおじさんのイケない行為を目の当たりにした結衣ちゃんは、真相を質そうとするものの勇気がでず。無理やりなのか合意の上なのか真意が計れませんでした。そんな中、栞ちゃんは、奨学金試験のため、数日留守にすることに。結衣ちゃんは、必至におじさんとの関係を隠そうとする栞ちゃんに、無理やりされているのを確信。栞ちゃんが居ない間におじさんに注意してやめてもらおうと決心したのですッ!「お、おじさんは、鬼畜です変態ですデブですッ」緊張から捲し立てる結衣ちゃんに驚くおじさん・芳裕は、いつもと違う迫力に圧倒されています。しかもその理由「しーちゃんに酷いことしないでくださいッ、警察に訴えますッ」証拠も用意していた結衣ちゃんに追い込まれる芳裕。あわよくば言いくるめてうまいこと、とは行きそうもなく、そんな結衣ちゃんに強引に迫っていくのでした……。「や、やめてくださぃっ、おじ、お父さんッ」何故こんな呼び方をしているのかは分かりませんが、おじさんは結衣ちゃんを躾けることの興奮にがちがちにそそり立ち躾け棒を無慈悲に穢れの無い肢体に打ち込んでいくのでした……。


真面目っ娘なJK・結衣ちゃん
ようやく目標の真面姪っ子・結衣ちゃんを篭絡したおじさん棒に、白濁塗れにハメられまくりの連続でした……
イヤイヤしても、逃がしてくれず、揚げ句の果てにはお漏らし絶頂の粗相の悪さを晒され拗ねまくりの怒りまくりにさすがのおじさん棒も反省するのでした。お風呂で汚れた体を洗いながらさらについでにハメてしまうおじさん棒に、結衣ちゃんは諦め、
「もぅ、一生結衣はおじさんの慰みモノなんですね……」
そんな結衣ちゃんの重くのしかかる諦めセリフに、し、虐げるつもりはないよ。などと日和ってしまうおじさん棒でした
さて、そんなこととは露知らず、小生意気蓮っ葉JKの栞ちゃん。結衣ちゃんの応援もあって、試験の出来は上々。ようやく解放された安堵感から、何を思ったか、おじさんの家へと訪ねていくのでした……

男寡婦の汚い部屋を眺め回し、男一人じゃこんなんだしね……と、契約結婚を申し出る事はないものの、ちょっとは世話してやろうとかと考えたところに聞こえてくるのはシャワーの音。男一人のはずの部屋で、目の前におじさんがいるのにシャワーとは?シャワー室を確認しようとするも、早く帰れよと壁ドンばりのおじさんに
「もしかして女でもいるとか~」
小生意気蓮っ葉JKの栞ちゃんは、冷やかし程度に何の気なしに、その扉を開いてしまうのでした……


エロ可愛真面目っ娘JK結衣ちゃんのママであり、エロ可愛蓮っ葉JK栞ちゃんの叔母さんである麻央さん。
JKの母とは思えぬ美貌と若さで、今日も元気に保険の勧誘です。ですが、最近気になることが………
溺愛する弟であるコンビニ雇われ店長の「芳裕」ことが気になって気になって寝ても覚めても安心することが出来ないのです。勢いあまって訪ねていったのが、先日でした。そこにはちょうど施錠をして帰ろうとする芳くんと娘である結衣と姪の栞がいました。引き止める麻央さんは厳しい顔です。といっても別にJKフレンズに何かというわけではなく、麻央さんの目はそれこそそんな二人は目にも入らず、弟である芳裕のことしか入っていませんでした。
一方そんな麻央さんの様子に勘違い中の、結衣と栞。それこそ栞はお世話になっている手前、おっさんとハメ仲担ってしまった現実にとてもとても胸を痛めていました……そんな切なげに落ち込む栞を見つめる結衣は…………大爆笑でした。「ぶははは、しーちゃん、何言ってんの、ゲラゲラゲラ」拗ねるしーちゃん……栞に結衣は言うのです「お母さん、やっちゃおうか」早速の策略を巡らす腹黒結衣ちゃん。おじさんの弱みを利用して麻央さんを罠に嵌めるのです。すっかり結衣ちゃんに手懐けられてしまった芳裕は言われるがママに……「姉さんがいけないんだっ、余計なことばかりするからっ」溺愛する弟からの衝撃の一言ッ「わ、わたし………そんなに迷惑だった……」悲しげに涙を湛える麻央さん。しかし、弟の手は、そんな麻央さんの大き過ぎる程のおっぱいをむんずと鷲掴むのでした「えっ……芳裕、何してるのっ、ダメ、ダメよ、ダメダメぇぇっ」事務室に響く麻央さんの叫び………「始まったよ、しーちゃん」呆れる栞とともにバックヤードに陣取る結衣は、事務室からの実況中継に見入っているのでした……。


<STORY>
エロ可愛真面目っ娘JK結衣ちゃんのママであり、エロ可愛蓮っ葉JK栞ちゃんの叔母さんである麻央さんが、溺愛する弟店長の芳裕に難癖付けられ強引にハメられたまでは良かったものの、突然の豹変に、芳裕もJKフレンズも呆然……
「芳くんさぁ、やめてって言ったよね」
低く抑えた声で、タバコの煙とともに吐き出される言葉は、それまでのエロ可愛な優しげなママ姉の麻央さんとは違いました…
「ご、ごめん……姉さんを犯してしまったわけであり……」
目も合わせられずのへぼ店長になってしまった芳裕の言い訳に
「それはぁ……別にいいんだけどね。おあいこだし」
突然のカミングアウトの麻央さん。芳裕の記憶を掘り起こす麻央さんの御御足に、言い様の無い恐怖を感じる実況生中継をガン見していたJKフレンズでありました………が、
「か、恰好いいっっ、素敵ぃぃぃ、憧れるぅぅぅ」
とばかりに蓮っ葉JKの栞ちゃんは、すっかりドSなママ姉の麻央さんに釘付けでした。一方で自分の悪巧みが悉くミスるばかりか、
「どうせ考えたのは結衣でしょ」
と物の見事にバレてしまっていた腹黒真面目っ娘の結衣ちゃんはがく然としてしまうのでした……
そんな一件があったあと……
いつもの如くにバイトに精を出す栞ちゃんでしたが、麻央さんに怒られ八つ当たりしてくる芳裕に、ここぞとばかりに憧れの麻央さんに近づこうと同じポーズをとるものの………
「や、やめろっつーの、ゲス、違うって、バカぁ」
そうそう上手くはいく筈もなく、ドジっ娘栞ちゃんは見事に返り討ちで、芳裕の餌食されるのでありました……。


系列店の一つが、直近で3人も店長が交代するという異常事態に急遽店長代理としてヘルプという命令を下された
芳裕が向かった先で、衝撃の一言。
「で、でもさ、まだ半年でしょ?何か分からないことあれば……」
「結構です!私、間違えないのでっ」
そんな彼女は完璧主義のナマイキJK・美樹。
ロングで、ニースト、腹黒真面目っ娘な結衣や蓮っ葉ナマイキな栞とは少し違う、大人びた美少女JK。
「はっ、代理?ホントに仕事出来んの?」
わずか半年足らずのバイトJKが上から目線で罵り蔑む様に、芳裕のお仕置き棒が反応するのは当然で……しかし
「仕事中の不躾な視線、指導と称した不必要な接触。完全にセクハラですっ。本部に報告しましたからっ」
とどのつまりは「自意識過剰」?
「な、なんですか、それっ、そんなの変ですっ」
「うるさいっ。俺のセクハラは次元が違うっ!」
ナマイキながらも情欲をかき立てる無垢な肢体は、お仕置き棒を前に、脅され従順に文句を言うしか術はなかった……


ようやくナマイキな処女をエロハラ指導出来たと悦に浸る芳裕
さらなる教育実習のために、接客中も構わずし放題の傍若無人
蓮っ葉娘の栞をよそに、のめり込んでいくナマイキ過剰娘・美樹の肢体。

一方、ハメられながらも、絶対訴えると、変わらず強気に抵抗し続ける美樹。
しかし、彼氏に接客中、レジの下で悪戯してくるゲス店長。
必死に膝蹴りの美樹を巧みに躱し弄り抜く芳裕に、文鎮殴打の仕返しも、
逆に傷害罪で訴えると脅される始末であり……

追いつめられていく美樹。
その中でも、挫けぬ心であらゆる恥辱を耐え抜く彼女の思い……
「……ダメだ、この人はもう、私に堕ちてしまったのね……」
辱められながらも、それは、自分の可愛さの所為だと達観してしまっている美樹……
「自意識過剰」ここに極まれりであった……


おすすめの記事
記事一覧