【エロアニメ】敗戦国のお姫様が毎日兵士たちに輪姦レ〇プされ慰めモノに!

黒獣〜気高き聖女は白濁に染まる〜 驚愕の陰惨劇 清楚可憐な幼き姫が虜になったのは、黒光りした生殖器 編

動画が再生されない場合はこちら


黒犬傭兵団に砦が攻め落とされ、彼らに捕らわれたアリシア。かつての腹心ベアズリーから、そして傭兵団からも陵●を繰り返される日々を過ごしていた。ベアズリーから向けられる歪んだ欲望。信頼していた相手に裏切られ、純潔を守ってきたその身は白く汚されていく。時には磔(はりつけ)にされ見世物のように犯●れることも。剣と忠義に生きてきた彼女の体に、メスとしての快楽が刻み込まれる。かつては女神と崇めたセレスティンの痴態すらも目の当たりにし、その心は壊されていく。そして遂に、最愛のプリムまでも……。


人妻
黒獣 ~気高き聖女は白濁に染まる~

『ヴォルト』に乗っ取られた『黒の城』に、『オリガ』と『クロエ』の喘ぎ声が反響する。『黒犬傭兵団』達によって、抑えていた性欲を身体の奥からひきずり出される『オリガ』と『クロエ』苦痛にゆがむその表情が、やがて恍惚なものへと変化していき……女王、側近としてのプライドをなくした二人は、自ら男性を求めるメス豚へと成り下がる。


『ヴォルト』が次に標的にした『1の砦』大臣『ベアズリー』の裏切り行為により、あっさりと落城する砦から騎士団長である『アリシア』が囚われの身となってしまう。自分の事を姉のように慕う『2の砦』の姫君『プリム』の無事を約束に、ベアズリーから身体を弄ばれる『アリシア』屈辱の怒りに身を震わせるアリシアだが、ベアズリーのエスカレートしていく変態行為によって段々と身体が順応していき…やがて甘く切ないうめき声を漏らすようになる。精液まみれで『ヴォルト』の前に跪く『アリシア』そこには身を呈して守ったはずの『プリム』が霰もない姿で…。


<STORY>

この地上において唯一にして最大の大陸、オスティア。その地を二分してきた長き戦いは、未来を見通す白き女神セレスティンの導きにより終わりを迎えた…はずだった。聖アイリス騎士団長であるアリシア・アルクトゥールスの目の前で、黒獣団によって修道女達が汚されていく。ヴォルト「お前らは新たに誕生する奉仕国家の収入源だ。いい子にしりゃあ、大事に扱ってやる」ベアズリーにタガーを首元に突きつけられているアリシア。椅子に座るヴォルトの上で激しく突き上げられているセレスティン。オリガ「(顔上げ)白き女神だとなんだと崇められてはいてもひと皮剥けばこの通り」セレスティンの股間に顔を埋める。それに合わせて、クロエがセレスティンのローブの胸元に手を差し入れて広げる―熟れた乳肉が弾む。オリガ「ご覧なさい、このいやらしいカラダ」剥き出しの男根をそり返らせるヴォルトが近づいてくる。脚を広げられたセレスティンの傍らには生贄を差し出すかの如きオリガとクロエ。オリガ「種付けの時を待ち焦がれていますわ」この地上において唯一にして最大の大陸、オスティア。その地を二分してきた長き戦いは、未来を見通す白き女神セレスティンの導きにより終わりを迎えた…はずだったのだ。



女王オリガの国を侵略したヴォルト率いる黒犬傭兵団は、『奉仕国家』の設立を宣言する。それは、国家に属するすべての女が男に性的奉仕をするという、正気を疑う内容だった。次々とヴォルトの毒牙にかかる、クロエ、オリガ、アリシア、プリム……六の砦でキッと北を睨むクラウディア。白の城・バルコニーで不安な表情を見せるセレスティン。その侵略は、もはや止めることはできないところまで迫っていた……。


<STORY>

黒犬傭兵団に砦が攻め落とされ、彼らに捕らわれたアリシア。かつての腹心ベアズリーから、そして傭兵団からも陵●を繰り返される日々を過ごしていた。ベアズリーから向けられる歪んだ欲望。信頼していた相手に裏切られ、純潔を守ってきたその身は白く汚されていく。時には磔(はりつけ)にされ見世物のように犯●れることも。剣と忠義に生きてきた彼女の体に、メスとしての快楽が刻み込まれる。かつては女神と崇めたセレスティンの痴態すらも目の当たりにし、その心は壊されていく。そして遂に、最愛のプリムまでも……。


おすすめの記事